news-pot

マイナンバ―を紛失したらどうなる?悪用されるリスクや罰則は?

      2016/11/10

MAX86_gaijinnohannouryoute20140531-thumb-1000xauto-17159

いよいよ個人番号カードの交付が始まったマイナンバ―制度。

通知カードは既にお手元に届いていると思いますが、もし通知カードや個人番号カードを紛失してしまった場合、どうしたら良いのでしょうか?

手続きの仕方や悪用されるリスクなど、紛失の際に気になる事をまとめてみました。

マイナンバ―とは?

マイナンバー5

マイナンバ―とは、国民ひとりひとりに12桁の番号を割り当て、個人の所得や年金・納税などの情報を一つの番号に紐付けて管理する制度のこと。または、その個人識別番号のことを指します。

今の段階で紐付けられているのは住所・氏名・生年月日・性別のみですが、今後、収入・所得や雇用保険、健康保険・年金、預金などの情報が紐付けられる予定です。

マイナンバ―カードを紛失した際にまずするべき事は?

150828_l-thumb-660xauto-1247

マイナンバ―の通知カードも個人番号カードも、紛失の際はまず警察に遺失届を出しましょう。遺失届の受理番号が、再発行の際に必要となります。

また、個人番号カードの場合は、あわせて地方公共団体情報システム機構が開設している個人番号カードコールセンターへ連絡し、一時停止申請をする必要があります。

個人番号カードコールセンター 0570-783-578

月曜~金曜:8:30~22:00 ※2016年3月31日まで
月曜~金曜:8:30~17:30 ※2016年4月1日まで
土日・祝:9:30~17:30

通知カードは個人番号をお知らせするだけのカードだから良いですが、個人番号カードはそれだけで身分証明書になりますし、ICチップも入っています。

そのため、個人番号カードを紛失した場合には、悪用を防ぐためにも、なるべく早く一時停止申請をしましょう!

マイナンバ―カードを再発行する方法とは?

m_rbbtoday-137598

マイナンバ―カードを紛失した場合には、住民票のある市区町村の役所に届け出ることで再交付の手続きができます。
※その際は遺失届を出した時に警察で貰った受理番号を忘れずにご持参ください。

ちなみに、通知カードの再発行手数料は500円で、個人番号カードの再発行手数料は1000円(カード800円+システム料200円)です。

また、紛失した場合だけでなく、破損や焼失などでも再発行は可能で、その場合も市区町村に届け出ればOKです。

必要な書類などは市区町村により異なりますが、破損の場合は破損したカードを、焼失の場合は消防署や市区町村が発行する罹災証明書を、それぞれ持参する必要があります。

今後、マイナンバ―カードで扱われる情報が増えるほど、無いと困るものになってくるので、きちんと正しい手続きをして、早期に再発行を行いましょう。

マイナンバ―が悪用されるリスクにはどんなものがあるか?

5cb947bb-1a41-468d-bc07-963b1d5a8534

もし、マイナンバ―カードの盗難や紛失に遭った場合、下記のような個人情報を悪用されてしまうリスクがあります。

・住民票の移動
・印鑑登録
・婚姻届の提出
・クレジットカードの作成
・携帯や公共料金の契約
・自動車購入、など

とはいえ、現状は個人番号カードには顔写真の情報も入っていますし、個人番号カードだけでは、今の段階ではそう簡単に悪用される事はないと思われます。

しかし、後々、個人番号とパスワードで情報を管理するようになった時、誰かにマイナンバ―を知られてしまうと、情報を管理するサイト(マイナネット)に不正にアクセスされてしまう事も出てくると思います。

そのため、マイナンバ―の扱いには、安易に他人に漏らさないなど、充分な注意が必要となるでしょう。

マイナンバ―情報を流出させたら罰則はあるのか?

a7f0c9db-ff81-4e3a-955d-daca3911a153

他人のものはもちろんのこと、自分のマイナンバ―であっても、意図的に流出させると「3年以下の懲役」または「150万以下の罰金」が科せられます。

もちろん、ついうっかりで流出してしまった場合には、特に罰則などはないようですが、とはいえ、「意図的」か「うっかり」かを判断することはとても難しいため、今後、問題になりそうですね。

どちらにせよ、マイナンバ―の紛失にメリットはありませんので、厳重に管理して安全な保管に努めましょう。

まとめ

いかがでしたか?もし、マイナンバ―のカードを紛失してしまっても、慌てずに手続きをすれば大丈夫だという事が分かりましたね。

ただし、マイナンバ―は基本的に変更される事がなく、一生使い続けるもの事になりますので、悪用されないように取り扱いには充分注意しましょう。

今後、多くの個人情報が一つの番号で管理されるようになれば、様々な手続きが簡素化され便利になりますが、その分リスクも大きくなるという事を念頭に置いておいた方が良さそうですね。

正しく管理し、安全で便利な生活をおくりたいものです。

 - マイナンバー , , ,